« とくしま動物園 | トップページ | 寝床のこだわり »

ひびき動物わーるど

お盆休み中、ちょと足を伸ばして行ってきました。

グリーンパーク・ひびき動物わーるど

漫画『動物のお医者さん』で、中川が就職した「カンガルー・ワールド」のモデル
だそうです。

「カンガルーやワラビーが約250頭」といううたい文句に、半信半疑で出かけてみたら・・・

どん。
2010081301

さらに、どん。
2010081302

もう、驚きをとおりこして、笑ってしまいました(^o^;)

このイエローフーディド・ロック・ワラビーは、国内ではここにしかいません。
くっきりアイラインとマスカラたっぷりのまつげは、ワラビーの共通仕様ですが、
この子たちはアイシャドーやらチークのハイライトも備えて、さらに愛らしい。
2010081303
総勢140頭あまりのうち、人口飼育で育てた5頭ほどが、
営業にいそしみます(笑)。

2010081304
育ての親にまとわりつく図(笑)
人工飼育のご苦労話も、少々うかがいました(笑)

そしてここは、かの長崎バイオパークのカンガルーの実家。
オスメス問わずふれあえる、バイオパークのカンガルーたち。
ここの出身とのことで、おおいに納得です。
2010081305

怪我をしたり、ストレスがかかったりしている個体は、きちんと隔離されています。
片足がないどうしで子供のうまれたワラビーのカップルもいました。

何百頭いても、大事にお世話されている感がはっきり伝わってくる
気持ちの良い動物園です。

|

« とくしま動物園 | トップページ | 寝床のこだわり »

コメント

うわ、しかもこのワラビーさん達、尻尾がしましまじゃないですか!?
V系ワラビーと呼んであげやう(笑)

投稿: こずら | 2010.08.17 20:20

>こずらさん

そうなんです!
これまでなじみ深かったワラビー&カンガルーのイメージをくつがえす、カラフルな子たちです(^^)

投稿: YUMI | 2010.08.19 06:15

そのカラフルな子たち、多摩にもやってきたようですぜ。

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=news&inst=&link_num=20797

こりゃ、会いに行ってみないと。
記事によると「臆病だと聞いていたが、すぐに餌を食べ出して落ち着いた様子だった」と書いてあるが、こんなよい場所の出身なら、さもありなん。

投稿: 金魚 | 2012.05.04 23:00

>金魚さん
動物園ニュースでたまたま見かけて、私も驚きました!
和名「シマオイワワラビー」としての展示です。
人工飼育の子は、たぶん大事な営業部長だから離さない(笑)とは思うのですが、そう、いい環境で育ったコたちだからすぐに順応してくれるでしょう。
ぜひ会いに行ってあげてほしいです!

投稿: YUMI | 2012.05.05 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136351/49169097

この記事へのトラックバック一覧です: ひびき動物わーるど:

« とくしま動物園 | トップページ | 寝床のこだわり »